THE VACK’S a power rock’n’roll band from Japan, I’ll asked hem for an interview and they where so kind to answer my questions.

I’ll will also review their brand new album FREE WHEEL soon.

Japanese Translation: Rosy (THE VACK’S)

>>>>>>
Thank you a lot for this interview.
インタビューの機会をくれてありがとう。

THE VACK’S are a really cool rock band even if the members aren’t young anymore but they definitely know how to rock on CD and on STAGE. I saw them live at September 5th 2015 in Yokohama and they are still rocking around.
バックスは本当にカッコいいバンドです。メンバーは決して若くはないけど、CD音源やステージでのロックをどう表現するかについて知り抜いてますね。私は2015年の9月5日に横浜で実際に彼らのステージを観ましたが、彼らは変わらずに聴衆を揺さぶっていました。

Let’s go to the questions.
それでは質問に入ります。

01: How do you all know each other? and why did you decide to play in a band together?
01: 皆さんはどうやって知り合ったんですか?どうしてこのメンバーで一緒にやろうと思ったのですか?
A) Vo. Ryo-suke、G. Hero、Dr. Rosy の3人はもともと同じ職場に勤めていたんだ。お互いが楽器を
やってると知って ある時、遊びで合わせてみたのが最初のきっかけだね。それから時は流れて8~9年後
Ryo-suke がパワフルでストレートなロックンロールをやる為に自身のバンド作りを模索していて、
一緒にやれそうな仲間に声を掛けていって集まったのが始まり。
Kudoは 3人目のBass だけど、経験豊富なベテランで今のVACK’Sが正に望んだベースだよ。
A) Originally Ryo-suke(Vo), Hero(G), and Rosy were a colleague in the same company.
When we find that we play musical instrument each other, and met to play in a studio session one day. That was the beginning. 8-9 years later after we met for the first time, Ryo-suke started to recruit members from among his friends to form a band with powerful and the most direct method of rock music . You know, Kudo is the third bassist for VACK’S. He is experienced and practical Bassman who perfectly matched to our needs.

02: Why is the band named “THE VACK’S”? any reason why you named the band like that??
02: どうしてVACK’S というバンド名になったんですか?このネーミングにはどんな理由が?
A) 原点に帰るっていうような意味合いで BACK 、頭文字をいじってV に変えてみたのが VACK’S
もう1つ、爆音の「爆」にも引っ掛けているよ。(笑)
A) The meaning about that “go ‘back’ to basics” then we change the 1st character to “V”.
Another meaning, we named “VACK’S” in a parody of  the pronunciation “Bakuon(爆音)” (laugh).

03: What was the reason why you decided to play POWER ROCK’N’ROLL music?
03: パワー・ロックンロールという位置付けで音楽をやろうと思ったきっかけは?
A) うまいやつ、キレイにそつなくプレイするやつなら いくらでもいる。それよりも俺らは心臓にズンズン
来るようなガツン!とぶっ飛ばされる位ストレートな音で表現したかった。スタイルは古いかも知れないけどね。それも VACK’S (笑)
A) We can find any amount of smart or skillful player around us but we want express more
straight sound beating someone’s heart or kicking asses. We know it’s an old style, but that’s THE VACK’S(laugh).

04: What are the biggest inspirations for the music of THE VACK’S?
04: VACK’Sが一番影響を受けている音楽は何(誰)でしょうか?
A) 一言ではいいにくいけど、日本のロックンロールや一部ガレージやパンク、ハードロックといったところかな。 メンバーはそれぞれかなり違った音楽を聴いてきてるからルーツはバラバラだよ(笑)
詳しくはホームページやFacebookでメンバーのバックボーンを見て欲しいな。
A) We can’t express in one word the roots of the VACK’S sound. When you come right down to it,it’s an old style of Japanese Rock ‘n’ Roll, hard rock or a sort of garage, punk rock.We have a different musical background. Please see our official web site for more details (laugh).

05: Your first mini-album  “Working Man” was released in 2013. Please tell those who don’t know THE VACK’S  a bit more about this mini-album. Also could you tell us a bit more the meaning behind the lyrics? Is there any lyric we really should look at?
05: ファースト ミニ・アルバム「Working Man」を2013年にリリースしましたが、まだVACK’Sの事をよく知らない人の為に このアルバムの事を少し話してくれませんか? 収録曲の歌詞にはどんな意味が込められているんでしょう? 特に注目してほしい歌(歌詞)はありますか?
A) 活動を始めて3年経った頃かな?持ち曲も増えてきたし、サウンドもある程度まとまってきたかな というところで音源を作ることにしたんだ。それまで福岡や東京を中心にライブを重ねて音源に対するリクエストも出てきてたからね。歌は、Vo. の Ryo-suke がバイク乗りって事もあって、モーター系、バイク系の歌詞が多いよ。あとは俺たちが毎日普通に生活したり、働いたりしてて感じる事やなんかを 音に乗っけて吹っ飛ばしてる感じかな(笑)
A) Around three years after we found VACK’S, we decided to record our songs due to many requirements for our listener. By then, we have had experiences of live performance in Tokyo or Kyusyu area, we have had  decent original songs and sounds were getting well-organized.  There are lots of number about motorcycle ’cause Ryo-suke is a biker. As for the rest, ordinaries of life song, work song, and so forth. They are getting-off our emotion in our normal life or in working.

06: Your first album “FREEWEEL” was recently released in June. Its an amazing album again. It’s again cool ROCK’N’ROLL.  What was the biggest inspiration for this album and is there any cool message behind the lyrics?
06: ファースト フル・アルバム「FREEWHEEL」をつい この6月に発売したばかりですが、こちらも素晴らしいアルバムですね!本当にクールなロックンロールです。このアルバムの最大の特徴は何でしょうか? 歌詞の中に込められたメッセージで特に強調したい事とかってありますか?
A) 前作から約2年半、Kudoが加わってサウンド的にも更に分厚く クオリティも上がったと自負してる。
今のバックスの良さを出し切ると共に意識したのはラインナップの豊富さだね。これぞVACK’Sっていう
ストレートな曲もあれば、オールドスタイルのシンプルなロックンロールナンバー、ハードロック調の曲、
そして、日本が未曾有の災害に見舞われた時の心情を綴った唄など、今回のアルバム制作以前から
あった曲も含めて 全編聴いてて飽きない、バラエティーに富んだ内容になってるよ。
A) About two years and a half after the releasing of 1st mini album, Kudo joined us and our sound changed more deep and heavy and quality has been improved we think. We took conscious to try for all one is worth and line up a variety of numbers.
There are songs of variety, one of them is straight rock number should be called for “That’s the VACK’S”, one is an old school rock’n roll, hard rock taste number, and one represent an emotion about when we met an extraordinary natural phenomenon, and so forth include the number exist from the establishment of the band. We offer such a wide variety of songs never get tired of listening to.

07: The song “FORTY <40>”. Isn’t it inspired by the song “After’45” by 石橋凌(Ryo Ishibashi)? I really like the vibe of the song. Please tell us a bit more about it?
07:  「40(Forty)」という曲がありますが、もしかして石橋凌さんの”After 1945″ からの影響を受けたりしていますか? 私自身心を揺さぶるこの曲がものすごく好きなんです。この曲について少し解説してもらえますか?
A) この曲が好きって言うファンは多いね(苦笑)。 石橋凌さんはリスペクトする偉大なミュージシャンだし、
“After 1945″も名曲だけど、「40」はそこからインスピレーション受けたわけじゃないよ。
内容は、今40代になって 二十歳の頃、ガキの頃 と何も変わっていない自分、そんな自分への郷愁って
よりは 自分とそしてファミリーへの賛歌みたいなもんかな。
A) This song is very touching to a lot of our fan (bitter lough). Although we love and respect a great musician  Ryo Ishibashi and his famous number “After 1945”, we did not get an idea from this song to make up a song “Forty”. It’s not a feeling of nostalgia. “Forty” is, say “hymn to myself, ourselves, and our company” who remain largely unchanged from childhood.

08: What’s the future goal for THE VACK’S? Any big plans?
08: VACK’Sの将来の目標は何でしょう? 何か大きなプランはありますか?
A) 基本はこれまでと一緒。ツアー主体のバンドとして出来る限り精力的に活動を続けていきたいと思ってる。
もちろんホームである東京・横浜ではこれからも色んなイベントやライブをブッキングしていくんで、要チェックだよ!
A) We will remain basically unchanged for years to come. We would like to keep the heat on as a “tour-based band”. Needless to say, we will also book various live gigs and events at our home Tokyo & Yokohama. So please check out our schedule frequently!

09: Is it hard to have a daily job at a company and being in a band? How does it work? Since you are working man.
09: 皆さん 仕事を持っている「ワーキングマン」ですよね? 日々の仕事を続けながら、バンド活動もやってゆくって大変じゃないですか?
A) そりゃあ もちろん大変だよ(笑) みんなハードワーカーさ。だから全員のリハの日程を合わせるんだって一苦労だよ。 でも、いくらクタクタになってても体がガタガタでもステージは全力でぶつかる。これが本当にカッコいいって事なんだと思ってる。
悠々自適で余裕かましてるヤツのお遊びみたいなステージなんて面白くもなんともないだろう?
A) Yeees! it’s very rough and tough (lough). Each of us is a hard working man. So we have a lot of difficulty to settle a
schedule for rehearsal. But we do put forth our whole energy on the stage even though we are so groggy due to hard work. That is actually cool style we think. It’s a really dry stuff that the person taking life easy play just for the fun of it, isn’t it?

10: How do you prepare for a live gig?
10: ライブに向けてどんな準備をやっていますか?
A) 特にないよ。普段通りのリハさ。ライブそのもののブッキングは知り合いのコネクションだったり、
リピートしてるイベントへの出演、それに友人のバンドからの対バンの誘い等々だね。
A) We have no particular plan. We have rehearsals as per usual.
As for live booking, it’s from by the connection of each member, invitation call from our
acquaintance for 対バン(tai-ban: on stage with each other), or appear as “repeat”.

11: What is your favorite song from “THE VACK’S”?
11: VACK’S の曲の中で一番好きな曲は何ですか?
A) それぞれに思い入れがあるので1曲には絞れないけど、各アルバムのタイトル曲(Working Man, FREEWHEEL)は何といっても VACK’S の代表曲だし、最も俺たちの音楽の特徴を表していると思う。
A) We cannot limit our favorite number to one, but the title number of each album “Working Man”, “FREEWHEEL” is the signature piece of VACK’S no matter how you look at it and represent our trademark.

12: What’s your most memorable live?
12: 最も思い出深いライブは?
A) これもメンバーそれぞれだろうけど、バンドとして記念すべきライブはやっぱり DEBUT LIVEである
博多Livespace ZERO でのライブだろうね。「おっさんをなめるなよ!」という20年以上続く長寿イベントで
全国から猛者が集まる中、オリジナル数曲を持ってVACK’Sとしての初のステージがどれだけ
まともに聴いてもらえるか、いろんな意味でいい洗礼になったよ。
A) Every member is different, but for “VACK’S”, it’s our debut live at Hakata Livespace ZERO. We appeared to a long-run event called 「Ossan wo Namerunayo!」 lasting more than 20 years. We wondered whether our songs and performance will be suitable for the event. Anyway we went to Hakata with taking our several original songs. It was exciting and was a good medicine to us. (laugh)

13: You recored very recent a music video. How did that go? any difficulties to record one?
13: つい最近MV(Music Video)を撮りましたよね、感想はいかがですか?収録に当たって大変だった事はありますか?
A) 今回はアルバムリリースに合わせた PV (Promotion Video) として撮った訳だけど、
VACK’Sとしては初のPVだったんで、新鮮で楽しかったよ。当然音は出来ててアクションだけをそれに
合せる作業なんで、普段イメージしてる事を表現するいい機会になったね。バイク画像のはめ込みとかも
あって、とてもクールな仕上がりになってるんで ぜひ多くの人に観てほしい。
A) This PV was recorded in concept with the releasing new album. Since it was the first
experience for us, it was a new and we really enjoyed taking movies. Naturally a sound source was already completed, all we need to do was act (gesture) to the sound of BGM.
It was a good chance to express what we usually think. We want more people to watch the
movie ’cause it’s sooo cool with built-in bike picture!

14: In which country would you love to play and why?
14: 外国でプレイするとしたらどこの国でやってみたいですか?また、その理由は?
A) 条件さえ整えばどこだって行ってみたいよ。問題は時間と金かな(笑)
A) Under the right circumstances, we wish to go anywhere.
The problem is time and money. (lough)

15: What advice can you give to the musicians, who starts to play now?
15: これからバンドを始めようとする人たちに何かアドバイスがあればお願いします。
A) 始めるのに遅すぎるなんてことはない。50近い俺たちよりさらに年上の先輩たちが
クレイジーなほどパワフルなステージを現役で続けてるのを見ればわかるよね!
言い訳無用!やるべし!
A) Never too late to start. Middle age around fifty older than us still keep playing
in the field more powerfully. It’s a clear answer, isn’t it ? No excuse! Do it!

16: Which other bands do you love?
16: 今 お気に入りのバンドはどこでしょうか?
A) オリジナルをやっているバンドとしては、他のバンドはみなライバルでもあり仲間でもある。
吸収すべき要素はどんなバンドにも沢山あるよ。単純にリスナーとしての目線で
ここ数年最もご縁が深いのはMMSだね。
A) For us, a band survive with original songs, every band is a rival and associate.
They have so much to absorb. We are so involved in the activities of MMS recent years.

17: Your message to your fans!
17: 最後に、VACK’Sファンへのメッセージをどうぞ!
A) これからもVACK’S は「爆音」「VACK’n ROLL」を引っさげて 色んな所に出向き、
熱いステージを届けたいと思ってるんで引き続き応援よろしく!
A) We VACK’S would like to continue to go to more different places taking ”Vakuon” & ”Vack’n Roll” and perform like crazy. Follow us and support THE VACK’S all the way!!

Thanks and love,
THE VACK’S

THE VACK’S OFFICIAL HOMEPAGE

Advertisements